忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とんでもないことが・・・

下りはこちらの道が楽ですよと言われて・・・

ce50ed6b.jpeg

下りは 紅葉を眺める余裕もアリです

74b2ec76.jpeg

山水のしみでる場所に こんな小さな花も見つけました
キッコウハグマに似てませんか?

saru.JPG

サルトリイバラの実も赤くなってるよ

siratama.jpg

白玉だんごみたいだね

siraki.JPG

白木山が あんなに遠くに見えるよ

mati.JPG

麓の町がみえてきた

ところがこの後 とんでもないことに
道がそこで行き止まりだったのです
PR

Comment

siawaskunへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-23 06:30
  • edit
ニュースできくと
なんてばかなと 他人事のように思っていましたが
こんな広い道が 突然どうして無くなるのと信じられない
状態になってしまって・・・
それがわかれ道から30分以上歩いてしまって
ほんと山はこわいです

aki母さんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-23 06:25
  • edit
せっかくキッコウハグマをみつけたのに
とんでもないことで・・・
葉っぱが亀甲? 思い出せないね~~
ハイ これを教訓に 一人のときは特に気を付けます

ゆーしょーさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-23 06:21
  • edit
途中に分かれ道があったのですが
広い方 道なりに行ってしまったのです
下りのルートを調べずに別のルートに乗ってしまったのが
失敗でした

山は、怖い

  • siawasekun
  • URL
  • 2008-10-23 01:28
  • edit
山は、本当に、怖いですね。
とても、素晴らしい所ではありますが、・・・・・・。

判断を間違わず、ご無事でなりよりでしたね。

私も、同じような経験あります、・・・・。
二度としないよう、いつも、心に誓っています。。

無題

  • aki母
  • 2008-10-23 00:12
  • edit
思いもよらぬ経験をしちゃったね。
今後 気を付けるようにとの警告かもよ。
相棒さんがいて良かった。ひーちゃんはどこまでも花を求めて突っ走るようだから・・・。

>キッコウハグマに似てませんか?

うん、似てるよ。母も自信がなかったけど、きっとキッコウハグマだね。
葉っぱが亀甲のようだった? 覚えてナイよね。
母はひーちゃん好みの花を見つけたって、そればかりだったもン。
とっても可愛い花だけど、「アッチコッチ向いてホイ」って色んな方向で、写真がとりずらかったンだよ。


引き返そう

  • ゆーしょー
  • URL
  • 2008-10-22 22:12
  • edit
こんばんは。 ゆーしょーです。
「下りはこちらの道が楽ですよと」 と無責任なことをいう人も居るのですね。
その道が行き止まりとは!
崖にでもなっていたのですか?
つらいけれども引き返すしかないですね。

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 20:05
  • edit
あずきさんたちは しっかり計画して
もっと高い山にトライされて
あれが刺激になりました
登るなら今のうちかなと ついその気になったのです
雨具はあったのですが 食料は食べてしまったし
水も残り少なくて 
ほんと今考えると 無謀ですね
これを教訓に やさしい山登りをたのしむことにします

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 19:59
  • edit
お弁当食べて 早めに降りたのが不幸中の幸いでした
沢に下りたとたん日の光がさえぎられ暗くなるのです
藪の中で猪かもしれませんがガサッと音がしたのです
「ワ~何かいるよ こわいよ~~」
もう泣きだしそうなひーちゃんでした
民家が見えてきたときの嬉しかったこと
でも もうこんなことはこりごりです

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 19:53
  • edit
それはこわい思いをされたことでしょう
私は初めての体験だったので
「怖いよ もう帰りたいよ はやくここから出たいよ」
云ってることは支離滅裂です
こんなときに限って クマよけの鈴 忘れて来たのです
「大丈夫 時間はあるから 休もうか」
こんな時 相棒が頼もしく見えますね
もうこりごりです

小池さんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 19:45
  • edit
とんでもないことに コメント 恐れ入ります
とにかく慎重に行動すること
肝に命じます

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 19:43
  • edit
もと来た道まで引き返す勇気
大切です わかれ道があったのです
鬼ヶ城の真上から降りれたから良かったものの
それって危険ですよね
朝の出発時間を早めたのが結果的には良かったようですね

無題

  • あずき
  • URL
  • 2008-10-22 17:03
  • edit
御無事で良かったです。
低山の方が装備も簡単に登っちゃうので
迷うと大変なんですよね
行き止まりになった時点で写真撮影どうしよう
だったでしょ
本当に良かったです。

無題

ここで事故が起きたのですね。
でも無事下山できてよかったです。
「大丈夫だよ。」と支えてくださって心強かったですね。
以前テレビで「下山は何時がよいか。」のようなクイズ?をしていました。
山の高さにもよりますが、確か午後早めにと言うことだったように記憶しています。
山の日暮れは早いそうですね。

無題

山は怖いです。
あまり高くない山でも、最近は手入れ不足や
クマなどの出没で危険が多いですね。
でも、無事かえれて良かったです。

私も昔一度有ります。
軽井沢の奧の万座温泉に泊まり、そこから白根山へ
友人と2人で登ろうとしました。
しかも翌朝に頂上の湖を見ようと懐中電灯を持って
夜出発です。宿の主人にコースを聞いて出かけましたが
ついにブッシュに囲まれました。
とにかく引き返すように勤めたところ、正しいコース
にたどり着き、素晴らしい朝の湖に出会えました。
このとき、ホントの山の怖さを知りました。

無題

  • 小池
  • URL
  • 2008-10-22 10:13
  • edit
都市郊外の山で地理が判っているところなら、薮こぎでもだいたい人の住んでいる所に出ますが、あまりなじみのない所ではこわいですよね

引き返す勇気

  • 山小屋
  • URL
  • 2008-10-22 09:46
  • edit
「おかしいな?」と思ったら早めに引き返す勇気が必要です。
元の道に戻ればその先がわかります。
登った道を下るのが一番安全です。
まだ明るかったからよかったのでしょう。
暗くなると周りの風景が見えなくなります。
これからは特に昼間が短くなります。
地図と磁石、懐中電灯は必携です。
こちらではアイゼンも常にザックに入れています。
もちろん非常食もです。
気をつけましょう。

yoasさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 08:12
  • edit
ハイ その通りです
分かれ道で間違えたようで隣の山 鬼ヶ城も通り過ぎて
行きどまりから引き返し
今度は鬼ヶ城を真上から攻め降りてしまったようです
それでも隣のJR駅に近い場所に下りたので幸いでした
やはり知らないルートをとるのは危険ですね

mamarinnさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 08:07
  • edit
ハイ 気をつけます
もう知らないルートはやめます
分かれ道は標識を確かめないと曲がってはいけませんね
相棒はまだまだ若くて頼もしいと見直したひーちゃんでした
アハハ そんなこと言ってる場合じゃないよね

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-10-22 08:03
  • edit
もと来た道を引き返すしかありません
しばらく行くと何かの観測所の裏手に降りる道があると云うのです
さっきの分かれ道まではまだ大分あります
意を決して降りることに
それは隣の山 鬼が城の真上だったのです
鬼が城を攻めて直角に降りてしまったのでした
「大丈夫 道はあるの~」と繰り返す私
相棒は「大丈夫だよ」と頼もしく
ちょっと見直したひーちゃんでした

無題

  • yoas23
  • URL
  • 2008-10-22 07:19
  • edit
山登りは降りの方が迷いやすいのですよね。
尾根を一つ間違えると方向違いに降りてしまいます。
でもどうにか無事に下山できて良かったです。
迷ったら冷静になることが大切ですね。

無題

  • mamarinn
  • URL
  • 2008-10-22 07:15
  • edit
あわや、遭難?
今までのルンルン気分も何処へやらの心境だったでしょうね。綺麗綺麗と眺めてきたお山も花も霞んでしまったのでは・・・
でもさすがご主人様、冷静に判断されて無事山を下りられたのですね。
ふーーー、気をつけてくださいね。

無題

  • yassy127
  • URL
  • 2008-10-22 06:09
  • edit
これはこれはほんとにとんでもないことが起こったものですね。
どうするひーちゃんさん?引き返すしかないのかな?
それとも冒険心がわいてきましたか。
心配後無用ね。
すばらしい同伴者がいてくださったのですから。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

[01/27 わーさん]
[01/03 ひーちゃん]
[01/02 pomodoro0208]
[01/01 ひーちゃん]
[01/01 ひーちゃん]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © hi-log2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]