忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も会えるかな ウメバチソウ

池の段のお花畑で今年もウメバチソウに会えるかな

0c919bd9.jpeg

この山の山頂付近 ウメバチソウは咲いているはずです

ume.jpg

ほら見つけたよ もうすぐ開くよ

ume3.jpg

こんにちは 今年も会えたね ウメバチソウ

ume4.JPG

二輪 寄り添って 夫婦のようだね
PR

Comment

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-22 19:53
  • edit
池の段はお花がいっぱいさいている
やさしい山でした
もう一度行きたいとお思っています
お返事遅くなってごめんなさい

無題

  • pomodoro0208
  • 2008-09-18 17:09
  • edit
この山は先日手の届きそうな空の場所とおんなじ
所ですか?
ウメバチソウ・・・蕾から花開くまで見せていただいて
幸せです。可愛い花ですね。

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:49
  • edit
お久しぶりです
ご用はお済みですか?
お元気でしたか?
後でお邪魔しますね

mamarinnさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:48
  • edit
私たちみたいって ウフフ mamarinnさんの専売特許を
横取りしてはいけないでしょう
ほんとは そう思ったけどね
言わぬが花ですよ
お二人にもお見せしたい花でした

きさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:44
  • edit
奄美にはウメバチソウは咲かないのでしょうか
梅の花にも似て かわいい花ですよ

アーチさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:42
  • edit
ウメバチソウ まだでしたか?
去年は10月13日 吾妻山の中腹で足の踏み場もないほど
ウメバチソウが咲いていました
休暇村の宿舎から見える丘の上ですよ

すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:39
  • edit
ウメバチソウが咲き始めたところ
つぼみから咲きだそうとしているウメバチがこんなに
可愛いことに初めて気がつきました
散歩程度の山登り また行ってみようと思っています

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:36
  • edit
我が家の家紋も梅鉢ときいていました
留袖の家紋は実家の家紋で梅鉢のはず
調べてみました 五瓜に梅鉢紋でした
梅の花を図案化したものと思い込んでいましたが
梅鉢草の花を図案化したものでした
新しい発見 教えて下さってありがとう
さっそく 実家の母にも教えてやりましょう

yoasさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:30
  • edit
足の踏み場もないと言えば去年は10月上旬 吾妻山の中腹で
一面のウメバチソウに出会って感動しました
今年も先輩に頼まれているのですが・・・

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:27
  • edit
山小屋さんちのヒメウメバチソウともう一度
見比べてみましたよ
わかったようなわからないような
仮雄蕊の数が違うのでしょうか?
悩むな~~ 

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-17 20:23
  • edit
ウメバチソウ 山頂付近にチラホラ咲きだしていました
去年は10月13日 吾妻山の中腹で ウメバチソウ 
足の踏み場もないほどに咲いていました
こっちに一輪 あっちに二輪 見つけた感動は
今年の方が大きかったこもしれませんね

無題

ご無沙汰していました。
ひーちゃんが来るのを待って咲いたようですね。
蕊がふっくらしていてとっても可愛いです。

無題

  • mamarinn
  • URL
  • 2008-09-17 15:51
  • edit
毎年同じ場所で同じ花に会える、こんな幸せないですね。
最後の写真まるで夫婦見たい、本当は私たちみたいって
書いてもよかったんじゃないかしら

無題

逢いたい花に今年も逢えると
何だか嬉しくなりますよねぇ・・・
小花なんですね。かわいいですねぇ・・・!!

無題

  • アーチ
  • URL
  • 2008-09-17 07:54
  • edit
可憐で繊細な作りの花ですね、メシベ・オシベの形に特徴があります。一度見たら忘れる事がない花でしょうね、有難う。

無題

  • すず
  • 2008-09-17 07:31
  • edit
せっせと歩いたかいがありましたね。
こんな可愛い梅鉢草に出会えたのだから。
白い真珠のような蕾もなかなか風情があっていいですね。
山歩きが楽しそう。

無題

ウメバチソウ、梅鉢草、
我が家の家紋も、梅鉢紋です。ウメバチソウの雄しべを
省いて図案化したものと言うことです。
梅の花の図案ではないそうです。

ウメバチソウの雄しべは雌しべを囲んでいますが、
1日に1本ずつ順番に立ち上がって花粉を出すようです。
花びらの付近にあるのは 仮雄しべで、花粉は出しません。

無題

  • yoas23
  • URL
  • 2008-09-17 01:29
  • edit
先日私が行ったリンドウの場所に,
足の踏み場も無いほど無数のウメバチソウが咲いていたのを思い出しました。
こちらの湿原では有りふれた光景なのであまり写真も撮らなかったのですが、
でも見付けると嬉しい花ですよね。

ウメバチソウ

  • 山小屋
  • URL
  • 2008-09-16 21:29
  • edit
ウメバチソウとコウメバチソウ、ヒメウメバチソウの違いがわかりましたか?
花びらやオシベの数までチェックしないといけないそうです。
簡単に見分けるには咲いている場所ですね。
低いところは間違いなくウメバチソウです。

無題

  • yassy127
  • URL
  • 2008-09-16 21:17
  • edit
ひーちゃんさんの期待に応えて、ひーちゃんさんに会うために咲いた様な美しい花ですね。
写真がとても魅力的です。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[01/27 わーさん]
[01/03 ひーちゃん]
[01/02 pomodoro0208]
[01/01 ひーちゃん]
[01/01 ひーちゃん]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © hi-log2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]