忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏の終わりのシロチョウ

小雨降る初秋の高原でこんなシロチョウに出会ったよ

sujiguro.jpg

葉陰でじっと晴れるのを待つ

goma.jpg

雨があがって  ゴマダラ模様のシロチョウ

siro.jpg

 雄の蝶の羽はボロボロ  夏の終わりだから

sagi.JPG

来年も咲いてね  名残のサギソウ

PR

Comment

夏も終わりですね。

間もなく・・・いやもう秋ですね。
チョウの翅もボロボロですね。これじゃ
飛ぶことも難しい状態ですね。

サギソウも今どき珍しいですね。
こんなにきれいな花のままで・・・・
間もなく寒くなります。体にも気をつけて・・・

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 22:06
  • edit
ごめんなさい みんなにせつない思いをさせてしまいました
こんな写真はいけませんね
反省しています
こんどはもっと美しい写真にしますね

無題

  • あずき
  • URL
  • 2008-09-30 21:33
  • edit
羽がボロボロになってる蝶の姿
なんだかせつないですね

アンまろさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 21:22
  • edit
こんな侘しい蝶の写真はUPすべきではなかったと
反省しています 
あまり難しくない楽しいブログをUPしたいと
山野草 虫たち 風景 私のテーマに反しますね

寂しいですね

  • アンまろ
  • 2008-09-30 19:37
  • edit
夏の終わりになると蝶も羽がオロボロになってしまうのですね。
見ているつもりでも、見ていないものです。
こんな侘しい蝶は見たことがありません。
こちらは秋を通り越して冬になったような、寒い日もあります。
今が一番寂しいなぁ~。

きさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:41
  • edit
チョウたちは限りある命を懸命に生きて
命をつないでいるのですね
野山を歩き回っては山野草やチョウの写真に夢中なわたしでも
季節の移ろいを感じる年になったのでしょうか

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:37
  • edit
季節の移ろいを感じる年になったのでしょうか
山野草 チョウやトンボを追いかけて
だだ夢中になっていると思っていたのですが

yoasさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:35
  • edit
ルリシジミ教えて下さってありがとう
シロチョウはスジグロシロチョウ いつか教えていただいたので そうかなと思っていました
そうです わたしもなんだか優しさを感じます

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:32
  • edit
サギソウの咲く湿地を見つけた時
もうみんな飛び立ったあとでした
来年はきっとたくさん群れている季節に
トコロの花知りませんでした
偶然写っていたようです
もう実になっているでしょうか

すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:29
  • edit
このサギソウの咲く湿地 今年は花の終わりに見つけました
来年は花の咲くころ行きたいと
ウフフ 秘密の場所が増えました

mamarinnさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:27
  • edit
秋は物悲しいのはそのせいでしょうか
花は種で チョウは蛹で 命をつないでいきますね
春になったらまた新しい命と出会えます

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:24
  • edit
リアルな写真ですみません
でも限りある命を精一杯生きて
命の大切さを教えてくれていると思います

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2008-09-30 18:22
  • edit
夏の終わり 翅を痛めた蝶やトンボによく会います
美しくないものから目をそらせていた私ですが
いとおしくなりました
冬を越すもの 蛹で命をつなぐもの
秋が物悲しいのはそのせいでしょうか

サギソウの

元気なこと!!
生身の蝶は傷つき 生きるのに大変なようです
子孫を残すって 凄まじいですよねぇ・・・!!

無題

急に寒くなりしかも秋雨、じっと葉陰で待っているのでしょう。
翅をいためている蝶は痛々しいです。
自然はこのようにめぐっていくのですね。

無題

  • yoas23
  • URL
  • 2008-09-30 13:47
  • edit
3枚のチョウの写真・・・
真ん中はルリシジミですよ。
小さいのですが、羽根の裏が白いのでそう思われたのでしょう。
そして上下はスジグロシロチョウ、よくモンシロチョウと思われるのですが、これはスジグロシロチョウ、
最近はスジグロシロの方が多いですね。
ネット検索すれば簡単に見分けも付きます。

秋遅くになると天寿を全うしたチョウが痛々しく・・・
それでも何処か優しそうに見えるのは、生き長らえた代表だからでしょうね。

モンシロチョウ

  • 山小屋
  • URL
  • 2008-09-30 10:24
  • edit
黒い紋がハッキリしませんが、モンシロチョウと呼ばれているチョウのようです。
羽根がボロボロになった姿は痛々しいですね。
止まっている花はトコロの花です。
根っこがある程度大きくなると食べられます。
ヤマイモの仲間です。
ヒゲがたくさんあり、海の海老に対して野山にあるので野老と
書きます。
サギソウはこれからどこに飛んで行くのでしょう。
みんな飛んで行ってしまって置いて行かれたのでしょうか?

無題

  • すず
  • 2008-09-30 07:41
  • edit
秋が深まると、このような姿が見られますね。
春の生命の息吹と反対に役目を終えたものの
静かな命の終わり、繰り返しの中に自然の営みが続いています。
サギ草の白、今日はちょっとわびしさを覚えます。
人は勝手ですね。

無題

  • mamarinn
  • URL
  • 2008-09-30 07:32
  • edit
蝶も自分の活躍の時期を知ってたのでしょうか。
こんな姿を見ると、おつかれさま、また来年と
声を掛けたくなりますね。
サギソウの精一杯咲いてる姿は、頑張れと
渇を入れられたような気分です。

無題

リアルな写真ですね。
痛々しい雄のシロチョウ、年取った我が身を連想します。
でも、せいいっぱいに生きていますね。

無題

  • yassy127
  • URL
  • 2008-09-30 06:10
  • edit
小雨の中、恋人に会いに行くように足を運んでいらっしゃるひーちゃんさんを想像しています。
蝶も花もひーちゃんにとってはいとしいものですものね。
翅をいためている蝶は痛々しいですね。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[01/27 わーさん]
[01/03 ひーちゃん]
[01/02 pomodoro0208]
[01/01 ひーちゃん]
[01/01 ひーちゃん]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © hi-log2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]